DQ11

4/12/2017

さてドラクエ11の発売日も決定したけど、PS4版と3DS版を同梱したダブルパックってすげぇな。そんなこと可能だったんだ(笑)。ドラクエだからこそ、なんだろうけどね。


それはまぁいいとして。そうなんだろうなぁとは思っていたけど、やっぱり戦闘シーンはこれまでのJRPGを踏襲したバトルか。PS4版だと一応主人公だけは自由に動かせるようだけど、戦略的に大きな意味が出てくるのかしらねぇ。

Switch版については今回何も触れられなかったみたいだけど、まぁアンリアルエンジン4でPS4版が作られているってことはそれの移植になるのかなぁ。でもSwitchは本体もカートリッジも32GBが現在上限だっていうから(以前Switchのカートリッジは16GBが上限とか書いたけど違ったみたいです、すんません)、40GBあるPS4版をそのままそっくり持ってくるってのはできなさそう。任天堂が64GBまで拡張とかやらん限りは数字上どう考えても無理だわな。グラフィックの質を落とすか、あるいは高解像度化した3DS版の移植か。どーすんだろ、これ。

復活の呪文でクロスセーブ対応とか、アンリアルエンジン4使っているからもしかしたらスマホ版やPC版も?という噂も出ていて、11に関してはまだまだ色んな仕掛けが用意されていそうではある。それと堀井雄二、鳥山明、すぎやまこういちの3人が揃うドラクエもここで終わりじゃないかなんて話もあるぐらいだが、まぁ3人とももう高齢だからねぇ…。むしろ年齢考えたらこの3人が今でも関わり続けている方が奇跡じゃないかって感じもする。そういう意味でこの11ってのはある意味一つの大きな区切りになるんじゃないかって予想もできるな。堀井雄二はさすがに何らかの形で関わり続けるだろうけど、鳥山明とすぎやまこういちはそろそろバトンタッチかもなぁ。せいぜい行けて12までかもなー、3人が揃うドラクエも。

関係するかもしれない記事

Previous
Next Post »