PS4版Fallout4にMOD入れて遊んでみた #04

4/09/2017

さてHorizon Zero Dawnをトロコンしてひとまず終えたところで、久々にFallout4のMOD選びをしていよいよMOD込みで遊んでみようかなーなんて思う。今回はそのための最終テスト、みたいな感じかな。

FreeFall 4 - Fixes & Additions For Fallout 4

まず導入してみたいなと思っているのがこれ。このMODはいわゆる非公式パッチみたいなやつで、バグ修正のほか収録されていながらゲーム本編では使われていない没音声なんかを再生するようにするらしい。ただPS4版の仕様上、完全にバグを修正することはできなかった、と説明にはある。

MOD作者によると導入する場合はニューゲーム推奨とのこと。ニューゲームせずに導入して動作をテストした感じではクエストログが結構英語化した印象を受ける。多分それがバグ修正されたところなんだろうけど。どうなるか分からないが楽しみ。ちなみにこのMODは本編のほかにファーハーバー用、ヌカワールド用の計3つが存在する。

NPCs Travel


連邦各地のランダムイベント発生ポイントに、医者やハンター、あるいは各種アボミネーションが出現するようになるMOD。何が出現するかはケミストリーステーションで調整できる。

試しに導入してみたら傭兵とアサルトロンを引き連れた医者のキャラバンに出くわした。友好的なNPCから敵対NPCまで色々調整できるので、徒歩移動がメインとなるサバイバルモードをさらに楽しくしてくれそうなMODだ。

TIFa - Tony`S Immersive Fallout

戦闘バランスを全体的に修正したオーバーホールMOD。説明を読むと作者はゲームが進むにつれてインフレしていく戦闘バランスが気に食わなかったらしく、全体的に調整し直したらしい。


導入してみたらレベルが82の主人公のHPが185まで減っていたり、武器攻撃力も全体的に下がっている。こんな感じで敵も味方もHPが120前後で調整し直されているようだ。


Perkも攻撃に関わるものは調整が入っていて、例えばフルオート武器に関わるCOMMANDOなんかはランク4まで上げてもダメージが20%しか増えない。ランク1だと5%で、そこから5%ずつ増えていく仕組みだったかな。それとこのMODでは伝説級の敵が出ないとのこと。

まぁ確かにこのゲームは終盤ともなるとプレイヤーが完全に完璧超人と化すし、ダメージがインフレしすぎて大味になっていくところは否めないし、作者の気分も同意できるところはある。伝説級の敵が出ないというところがちょっと引っかかるが、店を覗いてみると伝説効果のついたアイテムはバニラと同じく普通に売られているので、それらをうまく利用しながら進むというのも面白いかなと思う。

DLC Leveled List Integration


DLCのファーハーバーやヌカワールドで購入できる武器や弾薬が、連邦でも購入できるようになるMOD。もちろん、DLCそのものは購入しておく必要がある。

導入してダイヤモンドシティの武器屋を覗いてみたら、確かにウエスタンリボルバーやハンドメイドライフルなどが売られていた。連邦から移動するの面倒くせぇなぁってときに便利だ。武器選択の幅も広がるしいいねこれ。

Companion Overhaul

コンパニオンが使う武器の弾薬を無限扱いにするMOD。コンパニオンは初期装備武器なら無限に弾薬が使える仕様だけど、武器を変えた場合は定期的に弾薬を渡す必要があった。その面倒くささから解放されるってわけだ。

導入してみたら確かに弾薬は減らないし、フュージョンコアを使用するガトリングレーザーにも効果があった。無限に撃てるガトリングレーザーは夢あっていいな。それとこのMODを導入してコンパニオンにパワーアーマーを装着させると、そのパワーアーマーの装甲が壊れないらしい。

ただ説明を読む限りではMODの効果が出るのは連邦で仲間にできるコンパニオンだけで、DLCで仲間になるコンパニオンは対象外っぽい。

Make Static - Decorator Tool

居住地内に置いたジャンク品を固定化できるようにするMOD。固定化するまでの手順に少し手間がかかるけど、仕組みがわかれば便利。クラフトに関わるMODだがクラフトメニューそのものをいじるMODではないので、クラフト中にエラー落ちする確率を高めるようなものではなさそう。

The Good The Bad And The Ugly


敵味方、死体を色で識別できるようになるMOD。似たような効果のあるMODは以前から存在したけど、あれはいくつかのMODを組み合わせる必要があった。けどこれはこのMOD単体で動作する。友好的なNPCは緑、敵は赤、死体は紫色のモヤがかかって表示される。


MODを導入するとケミストリーステーションでMk1〜4の識別アイテムを作れるようになるので、作成後それを装備する。それぞれに効果が違うので、組み合わせて好みの効果に調整する。とりあえず武器を構えたときの敵味方識別と死体識別だけなら1と2だけでいいみたい。ただ、作るにはScienceランク1が必要だし、パワーアーマー用にはScienceランク3が必要。

Scienceランク3はレベルが最低でも28必要なので中盤まで進めないと作れないのが辛いが、それでも便利なMODなのは間違いないな。

Faster Positive Affinity For Companions

コンパニオンの一度に上がる好感度上昇量を上げるMOD。バニラと比べてかなり多くなるほか、上昇後のクールダウンに必要な時間がなくなっているっぽい。試しにサンクチュアリでコズワース相手に武器モジュールの付け替えだけを連続でやってみたら、1〜2分程度で専用Perkを取ることができた。

Carry Weight Wedding Rings

結婚指輪に総重量プラス1000の効果を付与したシンプルなMOD。バニラでサバイバルクリアしたからいいよね、ってことで導入を許してくださいなんでもしますから。

Time Scale Changed From 20 To 10

タイムスケール、つまり時間の速さを変更するMOD。デフォルトではリアル時間1分=ゲーム時間20分という速度を、ゲーム時間10分にする。バニラでサバイバルをやっていたときどうも時間の進み具合が速いなと感じていたので、導入してみることにした。作者の説明によればロードオーダーは最後に配置、とのこと。

で、導入してみることにしたMOD


さてこれまで全4回に渡っていくつかのMODの試遊をしてみたわけだが、その中からどれを採用してみるか、ようやくここにきて決定したのでロードオーダー順に書いてみる(この順番が適切かどうかは不明です)。

  1. FreeFall 4(連邦用)
  2. FreeFall 4(ファーハーバー用)
  3. FreeFall 4(ヌカワールド用)
  4. Make Static
  5. DLC Leveled List Integration
  6. Faster Positive Affinity For Companions
  7. Dismemberment Overhaul
  8. NDW
  9. NSA No Settlement Attacks
  10. TIFa - Tony`S Immersive Fallout
  11. Carry Weight Wedding Rings
  12. See-Through-Scopes(連邦用)
  13. See-Through-Scopes(ファーハーバー用)
  14. See-Through-Scopes(ヌカワールド用)
  15. Simple Camping
  16. The Good The Bad And The Ugly
  17. Upgradable Vault Suits
  18. NPCs Travel
  19. Companion Overhaul
  20. Only Clear Weather(ファーハーバー用)
  21. Time Scale Changed From 20 To 10
…まぁこんなところじゃないかな。確かこの前のアップデートでMODの上限数が100個までと制限がかかっちゃったみたいだけど、さすがに100個まではいかなかったなぁ。僕にはこれで十分な感じ。PC版やXbox One版なら外部アセット可なので新しい武器とかバンバン入れちゃうだろうけど、PS4版はできないからねぇ。プレイ環境をちょっと良くする程度で終わりだが、それでも結構バニラとは違ったものになるんじゃないかな。

とりあえずこの21個に限定して動作チェックしてみたけど、競合せずにちゃんと効果は出ている…と思う、多分(笑)。長時間遊んでみないと分からないって部分もあると思うんだよな、結局。

果たしてこの組み合わせで面白くプレイできるのかまったく予想がつかないのだが、これらMODを導入した上でサバイバルモードの再プレイをしてみることにするゼ!

関係するかもしれない記事

Previous
Next Post »