知事選

7/03/2017

さて東京では都議選、兵庫では県知事選と大きな選挙があったが、まぁどっちも暗雲立ち込めた感じで終わったよーな印象を受けるかな。

僕としてはコラムニスト・勝谷誠彦がどうなるかってのが注目だったんだけど、政見放送のときのこのイメチェン具合をみて、「アチャ〜」ってなったな。誰が入れ知恵をしたのか知らないが、失敗だろこれは、明らかに!なんか遠目で見ると晩年のやしきたかじんっぽくもあるが、もしかしてそこ狙ったの?でもこれじゃねぇんだよな。TVタックルとかそこまで言って委員会に出ていたときの、白ゴマみたいな頭のままでよかったんだよ。どうしてこうなったんだ。


物事第一印象が大事だって、はっきりわかんだね。やっぱりね、50過ぎたおっさんとかおばハンが金髪にするとかみっともないよ。そのままか、せめて黒にするべきだったな。

ところで落選が判明してからの記者会見で、「これまでクーデターが起きてきた国と兵庫県は似ている」って言ってるけど、まぁ県庁ってのは確かにどこも闇深そうだよな。地域振興局とか、あんな端っこにあるようなものはともかくとして本体がな。田中康夫が長野県知事になったとき、テレビカメラと本人の目の前で田中康夫の名刺を折ってドヤ顔した豪傑職員がいたけど、ああいうイメージがどうしても拭えない。まして兵庫とか大阪って部落とか朝鮮人関係でそれこそ闇深そうだから、そんなところに勝谷誠彦投入したらどうなるか。僕は見てみたかったけどね、勝谷知事ってのも。

都民ファーストに関してはそんなに長くは持たないと思う。これまで何度も書いてきたように「女の政治家は何であろうと信用しない」ってのもあるけど、結局なんやかんやで行き詰まるんじゃねーかな、みたいな。それに勝ちすぎた反動ってのも時間をおいてやってくるんじゃないか。小泉政権から安倍政権に変わったときみたいにさ。自民都議連は今は雌伏の時、というのも大袈裟なのかもしれないが、まぁ耐え抜いてじっくりと反撃のチャンスをうかがうべきなんだろうねぇ。

関係するかもしれない記事

Previous
Next Post »