魚眼

7/17/2017

ウィッチャー3、最初の村周辺の細かなクエストやら探索をしていて思ったが、Horizon Zero Dawnはこのゲームからだいぶ影響を受けている感じはするな、「ウィッチャーの感覚」っていうシステム使うと。普通じゃ見えない足跡が見えるようになるっていう。

なるほど、こりゃ公式でコラボレーションイラストを公開するわけだ(笑)。ほぼ丸パクリな気がしなくもないが、仲がいいからOKなのか。


にしてもあれだな、このゲームは通常画面からしてなんか魚眼レンズ効果が若干入っていいるような気がするのだが、僕の目の錯覚なのか。ウィッチャーの感覚を使ったときは思いっきり効果が出るからわかりやすいけど、そうでないときもなんか少しグニャッとしているような…気のせい?

それと遊んでいて思ったのはゲラルトさんの動きに結構惰性があること。走っているのをやめても惰性で少し前に出てしまう。思ったところでピタッと止まれないんだな。ここら辺は慣れが必要というか、好みの分かれそうなところだなぁ。


画面が暗くて分かりにくいが、山賊とか人間との戦いでは剣で斬りつけると人体欠損があるのね。スパーン!と首やなんやらを斬り飛ばすのは良いな。これぞ18禁ゲームではある。まだ序盤のせいか今のところ適当に剣を振っているだけで倒せるレベルだが、今後は魔法も駆使しないとダメなんだろうなぁ。あと霊薬とか。

その霊薬だけど、錬金の調合はその場で自由にできるというのが驚きだった。たいていのゲームじゃ錬金器具とか、装置の前に立たないとできなかったりするが、このゲームはその場でできちゃうんだね。なんか新鮮。


ストーリー的には最初のボス(と思われる)グリフィンを倒すところまでは進めた。こいつ途中で空を飛んで逃げ出すから追いかけるのがめんどかった。戦闘前に突然渡されるボウガンの使い方は分からないし、結局剣で斬り殺した。倒すと首を斬り落として馬で運ぶっていう微グロ要素も良い。


しかしこのゲームのアイテムってのがまた細かそうでのぅ。防御力という概念に加えて斬撃、打撃、貫通、それと対精霊?だったか、なんかいろんな耐性値があるようなんだよね。それが体、腕、脚の防具にそれぞれあって…って、最強防具とか目指すとなるとすげー時間を要しそう。いやはやこれは大変なゲーム買っちゃったなって感じがしてきた(笑)。

関係するかもしれない記事

Previous
Next Post »