ラベル 俺屍R の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 俺屍R の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

俺屍R23 どっぷり固定ノーリセ縛り その5(完結)

9/15/2014

ようやく俺屍Rどっぷりノーリセをクリア!長かった…。ご新規体験版から始まって、3ヶ月ぐらい遊んでたのかな?相当手こずった部分もあったが、「どっぷり固定でどんなことがあってもノーリセット」を貫くことができてよかった。

俺屍R22 どっぷり固定ノーリセ縛り その4

9/07/2014


なんとか7本の髪を倒し終わった!1031年から髪を倒し始めたので、ゲーム内で3年の時間が経過している。うん、やはり1本倒せるとスイスイいけるもんだな。意外と早く終わってしまった。まぁそれだけ一族の戦力も安定してきたといったところなんだろう。

振り返ってみると「大江山クリアから髪を倒せる戦力がつくまで」、はホントつらい時期だったなぁ。ここを乗り越えられるかどうかが大きなポイントだと思う。

俺屍R21 どっぷり固定ノーリセ縛り その3

8/31/2014

俺屍Rのどっぷりノーリセットプレイもいよいよ髪を倒すところまできた。大江山の朱点童子を倒してからゲーム内で約8年ぐらい時間が経過しているが、後半の敵はかなり手強く、それに対抗できるようになるまで育てるのにどうしても時間がかかる。

特にボス戦に関してはHPが500程度では中ボスの攻撃ですら一撃で殺される可能性が高いのが辛い。一番ヤバいのが敦賀ノ真名姫で、真名姫の術は全員が450~500、技の土が低いキャラは550なんてダメージも食らう。やはり子作りでは体の水と技の土は重視した方がいいかも。

俺屍R20 どっぷり固定ノーリセ縛り その2

8/18/2014

ずいぶん久しぶりに俺屍Rのどっぷり固定ノーリセ縛りプレイのまとめだ。まず前半、つまり大江山の朱点童子までは無事倒せてクリアできた。ご新規体験版のクリアで俺屍Rの進め方はだいたい把握できていたこともあってか、ここまではそれほど苦労なくクリアできた。以下に、大江山クリアまでの家系図やどっぷり固定でのポイントなどを書いていく。

俺屍R19 どっぷり固定ノーリセ縛り その1

8/03/2014
さて…いよいよ俺屍Rのどっぷりモードでのクリアに挑戦する。PS版ではどっぷりのひとつ下のじっくりまででしかクリアしていないのではたしてどうなるか、最終的に何人ぐらいでクリアできるのかってのはよく分からないが、ネットでどっぷりモードの感想について検索してみると、「昔のゲームに慣れていればこんなもんだろう」という人もいれば、「カツカツで辛い」という人もいるようだ。

僕はご新規体験版でこのリメイク版の大まかな内容はだいたいつかめたと思うので、まぁクリアできずに詰むってことはないだろうけど、最初はあっさりとどっぷりのギャップに慣れず、苦労するところはあるかもしれない。

実際にゲームを始めてみる前に、あっさりとどっぷりは具体的にどう違うのかってのをここで確認する。

俺屍R18 駒沢公園で解散(最終回)

7/30/2014

6月5日から始まった、俺屍というゲームを今更ながら周知していくための「ご新規体験版プレイログ」も今回で最終回。ついに、ラスボス戦となる。

修羅の塔の最上階で待っていたのは黄川人(きつと、別名バーロー)と鎖で拘束された女性が一人…。この女性の名前は「お輪」という。このプレイログの中では俺屍のストーリーをほとんど説明していないので、実際に遊んだことのない人には「誰?」って感じだが、実はオープニングで朱点童子に連れ去られてしまう主人公(初代当主)の母親だ。ということは、今の一族の始祖ということになる。そしてお輪は、この修羅の塔で一族がこれまで戦ってきた怪物を生まされていたのだ(もうガバガバとかいうレベルじゃない)。

このお輪は見た目は普通の人間の姿だが、かつては太照天昼子(このゲームの黒幕)の計画により人間界に降り立った神様の一人であり、黄川人の母親である片羽ノお業の姉でもある。つまり…お輪から生まれた初代当主と、朱点童子である黄川人は、いとこの関係と言える。ここらへんの詳しいストーリーは説明すると長くなるので省くが、ゲーム中である程度説明されることでもあるので興味のある人は実際に遊んで確認してみてほしい。

俺屍R17 ラスボスはバーロー

7/27/2014

ラストダンジョン地獄巡りの最後となるのが修羅の塔。塔の中に入ろうとすると黄川人(きつと、声は高山みなみ)が現れる。ここに来て初めて説明するが、このバーローこそがラスボスだ。リメイクするにあたって台詞は全部新規録音したとのことらしいが、どことなくPS版より落ち着いた演技になった気がする。PS版の方がちょっと尖っているというか…。うまく表現できないが、PS版を知っているせいか、リメイク版は多少の違和感を感じる。

俺屍R16 アソコに通じている穴

7/25/2014

久々に春の御前試合に出場。そういえばこのプレイログではほとんどこの御前試合に触れていなかったので、ここでちょっと説明しておく。

御前試合(または夏の選考試合)は帝の前で朱点童子討伐に名乗りを上げる一族同士が競い合うというもの。優勝すれば支度金や豪華アイテムがもらえる。対戦するチームは、ゲームの進行度合いによって変わっていく。ゲーム開始時は弱いチームしか出場していないが、髪をすべて倒し終わった今となっては、頼満一党や阿部晴明社中といった強豪チームしか出てこなくなってしまう。

俺屍R15 姉さん、地獄です…

7/21/2014

「髪」と呼ばれる7匹の龍をぶっ倒して、ついにやってきましたラストダンジョン「地獄巡り」。まだ死んでもいないのにあの世を見物できるだなんて、なんだか得した気分になるゼ!

俺屍R14 ひとまず散髪終了、しかし…

7/17/2014

祝!俺屍2発売。売れるといいネ。

それはともかく、今回は紅蓮の祠にいる一ツ髪からスタート。この紅蓮の祠は火の属性効果がアップするダンジョン。ダンジョン中の敵はここぞとばかりに火属性の術を使ってくる。ザコ程度ならまだなんとかなるが、髪の前にいる中ボスの鳴神小太郎と赤猫お夏に至っては、術を食らうとHPが500そこそこでは一撃死する可能性すらあるのが困る。

そしてこの一ツ髪、瀕死に近づくと七天爆という火属性特大ダメージを与える術を使うので、食らうとまず生き残れない。例に漏れずこの戦いでも七天爆を使われたのだが(しかも当主に)、運良く回避できて難を逃れた。使われたときは「あっ、終わったな…」って思ったんだけど。
七天爆はPS版だと前列しかターゲットにできない術だったが、リメイク版ではどういうわけか後列も対象になる。バグなのか仕様なのかは分からん…一撃死要素が多いとなると、ほとんど運ゲーになっちゃうのが辛いなぁ。
このダンジョンの中での火属性効果アップは必要だったかどうか疑問ではある。だって天候で変化するのは火属性だけで、しかもアップするのは紅蓮の祠だけ、あとのダンジョンでは火属性効果が下がることしかないんだよね。火属性だけが損してるって感じ。なんだかゲームの面白さにそれほどつながってないから、個人的にはなくてもよかったんじゃないかと思う。

俺屍R13 どうした電撃

7/13/2014
俺屍2の発売が間近に迫っているが、なんか電撃オンラインが自サイトに俺屍2の攻略wikiを設置しているな。ゲーム雑誌のサイトで攻略wikiとか初めて見た。

多分、攻略本の商品化権をファミ通に握られちゃって、攻略本を作ろうにも作れないのかなぁ。それでせめてwiki作ってページビュー稼ごうって魂胆?俺屍2の攻略wikiは現段階でもいくつかあるけど、さてどうなる。電撃はゲーム攻略記事作りのプロなわけだし、一味違ったwikiになるのだろうか。


まぁそれはいいとして…今回は永久氷室の奥にいる氷ノ皇子打倒から。たしか3回ぐらい倒せば神様に戻るんだけど、ここに辿り着くまでが結構辛くてあんまり行きたくないダンジョンなんだよね。おどろ大将ばかりで戦闘もちょっと面倒だし。

俺屍R12 散髪

7/09/2014

現役世代のHPが600~700になったところでいよいよ「髪」を切っていく(牡丹というキャラだけがHPが500ちょっとしかないのでそこが不安でもあるのだけど、拳法家は回避が高いのでそれに期待する)。まずは九重楼にいる六ツ髪から。

さてこの髪と呼ばれる龍、とにかくデカい!そして強い!物理攻撃に関しては一列攻撃なんてのもよくあることで、一撃で400とか食らう。補助術で防御力を高めるだとかしてない場合は、たいてい2発で死ぬと覚悟した方がいいだろう。それだけでも厄介だが、この六ツ髪に関しては萌子(攻撃力大幅アップ)の術を重ねがけしたあと攻撃をしてくるので、なおのこと危険。萌子を清水という術で打ち消すこともできるが、稀に失敗するのでこれまた気が抜けない。

俺屍R11 かんじきがなくても歩けます

7/06/2014

今回は忘我流水道のさらに奥、永久氷室から攻略。この夏にこそ潜りたい、氷のダンジョンだ。ただ、長い。この永久氷室の一番奥に、氷ノ皇子という男神の中でもトップクラスの実力を持つ神様がいるんだけど、ムダに戦っているとそこまで辿りつけない。ボスの部屋に行くつもりなら、できるだけ敵を無視する必要がある。

俺屍R10 番外編

7/03/2014
久々に俺屍の公式ブログを読んだら、興味深いことが書いてあった。以下引用。
そういえば、この「ご新規体験版」、制限付きとはいえ、ストーリークリアまで遊べる仕様だったため、本編のダウンロード版の売り上げが下がることを覚悟していたのですが…不思議なことに、「ご新規体験版」配信後に本編販売数が増加したのです。

古い例えですが、週末にTVで映画が放映されると、翌日のDVDレンタルが「貸し出し中」になるというか。これと似たような現象なんでしょうか。

ネットの書き込みを見ると、「面白いから、他のモードも遊んでみたい!」と、製品版を買ってくださった人のコメントが多かったように思います。これにはチーム一同、驚きと同時に、本当に感謝しております。心を込めて、有難うございます。
僕以外にも結構いるんだな。まぁ今のところセール中ってのもあるんだろうけど、それにしてもすげぇよ。ただ遊ぶだけなら無料で済ませられるのに、あえて買うという人が続出したってのはさ。「本当に面白いゲームは違う」ってことなんかねぇ。

俺屍R09 あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!

7/02/2014

この記事を読む前に言っておくッ!

「俺はエンディングまで遊べる俺屍の無料体験版で遊んでいたと思ったら、いつの間にか俺屍のベスト版を購入していた」

な…、何を言っているのかわからねーと思うが
俺も何をされたのかわからなかった…
頭がどうにかなりそうだった…
催眠術だとか超スピードだとか
そんなチャチなもんじゃあ断じてねえ
もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…

俺屍R08 ハクスラ編

6/28/2014

今回の俺屍プレイログは…単にダンジョン探索をして、お宝を漁っただけ。というのも、さすがに後半は敵が急激に強くなるため、いくらあっさりモードといえどある程度は装備や術を敵から奪いつつ世代を重ねて下準備をしていかないことには中ボスはおろか、その奥にいる「髪」を倒すことはできない。ちょっともどかしい部分もあるが、後半が始まったばかりのときは焦らず世代交代とアイテム集めに専念すべし。

俺屍R07 ここからが本当の地獄だ

6/25/2014

いよいよ後半戦スタート。ここからが本番だ。

後半に入ると、これまで入れたダンジョンのショートカット機能は一旦リセットされ、また配置された敵もグンと強い敵に変化する(見た目が同じ敵もパワーアップしている)。まずは比較的進みやすい相翼院に入ったが、いきなり出てくるのが弥五郎どん。なんでも南九州に伝わる巨人だとかで、大和朝廷と戦った部族の長だったとか。「弥五郎どん祭り」で見る弥五郎どんは、ぜんぜん違う姿だけどね。見た目通りタフな敵で、尻子玉大将(後ろの河童)より強い。

俺屍R06 ドラマチックな死

6/22/2014

リルケによれば、「現代人はもうドラマチックな死は望めない」のだそうだ。加えて三島由紀夫は、「現代において英雄的な死はありえない」と言うわけだが、なるほど確かにそれは的を射ているのかもしれない。現代日本において大義の中に生きて死ぬような必然性はおそらくない。今日窓から見えた景色が今後も変わることはない…と思い込み、国も人もあたかも「漂っている」のが日本だ。

対して俺屍というのはある意味では「ドラマチックな死」の連続だ。一族にかけられた呪いを解くべく、老いも若きも死に物狂いで鬼を斬っていかねばならない。どんなキャラクターであれ寿命はすぐやってきて問答無用で死ぬし、鬼との戦いで負ければデータ上寿命が残っていても死ぬ。また「教会でお金を払えば生き返らせてくれるのん」などという都合の良い奇跡は起こらない。いかにして生存しているキャラクターで鬼を倒し、術を得、奥義を編み出し、そして次の世代につなげるか…まさに死が生の前提となっているゲームだ。

俺屍が支持される理由というのは、いつ死ぬかもわからない恐怖に怯えながらも、鬼との戦いにあけくれる中起こる「ドラマチックな死」という演出にあるんじゃないかと思う。これが現代人にとっては、失われたものへの憧れとして(意識はしていないだろうが)映って見えているのではないか。

……と、何やら分かったんだか、分かってないんだかという文章から今回の俺屍Rプレイログはスタートする。まぁ気にしないでくれ。

今回はついに大江山で朱点童子と対決。この髪がざんばらで醜く太り、毛むくじゃらな鬼が仮のラスボスである朱点童子だ。声を担当しているのはかの有名な堀内賢雄氏。スパロボで散々マシュマーの声を聴いていたにも関わらず、当時は堀内氏とは気づかなかったなぁ。

俺屍R05 カルシウムが足りない

6/20/2014

朱点童子討伐前の腕試し、白骨城編。この白骨城というのは、6~8月の夏の間にしか入ることができない期間限定ダンジョンだ。この夏の間というのが厄介で、毎年8月は「討伐隊選考試合」というダンジョン攻略とは別のイベントも発生する。これは朱点童子討伐を目指す戦士たちが帝の前で戦い、その力を競うというもの。勝てば支度金やアイテムが貰えるので、どちらにするか悩ましいところだ。冬限定の大江山攻略も考えて、スケジュールはきっちりと決めた方がいいだろう。

俺屍R04 京都の無職率は異常

6/16/2014

俺屍のゲームの目的は、朱点童子を倒し、一族にかけられた呪いを解くこと。しかしその他にも、実はやることがある。それは鬼によって荒らされた京都の復興事業だ。どうやって復興させるかは至極単純、プレイヤーが稼いだお金を募金するだけ。

京都が現在どのような状況にあるのかは、コマンドで確認することができるのだが、現在はまだゲームも前半ということもあってたいして復興しておらず、無職率が50%超えと悲惨な状況だ。この時代にナマポなんてあるわけもないと思うが、あったとしたら財政は完全に破綻しそうだな。